外壁塗装・屋根塗装・防水専門店ペイントスタジオ

スタッフブログBLOG

HOME > スタッフブログ > 外壁塗装の豆知識 > 外壁の上にさらに外壁貼りませんか? 豊田市 外壁塗装・屋根…

BLOG 外壁の上にさらに外壁貼りませんか? 豊田市 外壁塗装・屋根塗装専門ペイントスタジオ

外壁塗装の豆知識 2021.03.21 (Sun) 更新

皆さん、こんにちは!
豊田市挙母町の外壁塗装・屋根塗装専門店ペイントスタジオの齋藤です

外壁塗装のご依頼のお客様で、一部は外壁を貼りたいという方が見えました。
ペイントスタジオでは、塗装の他外壁材を貼る(カバー工法)も行っております。

費用と工事期間を抑えられる

重ね張り(カバー工法)は、その名の通り、古い外壁の上に新しい外壁材を張る工法です。

家に住みながらの施工が可能で、張り替えリフォームと違って既存の外壁を取り除く必要もありません。
下地材が腐食していないか確認するために、土台や軒下に近い所を剥がすことはあるものの、基本的にはそのほかの大部分は残したまま、新しい外壁を張りつけます。

このため、外壁の解体や撤去・処分にかかる手間や費用は発生せず、張り替えリフォームと比べると、工事の期間・費用を削減できます。

断熱性・防音性の向上

外壁材を重ねることで、壁と壁の間には空気の層がつくられます。
この空気層が、水分を含む暖かい空気や冷たい空気などを遮断するため、夏は涼しく冬は暖かい室温をキープできます。
冷暖房にかかる光熱費の節約にもつながりますね。

また、外壁が二重になることにより、遮音性も高くなる可能性があります。
車両の走行音など、屋外から聞こえてくる騒音が室内に伝わりにくくなれば、より静かで快適な生活が望めるでしょう。

内部結露が発生する場合がある

外壁の重ね張りを行うと、壁の内側に結露が発生することがあります。
原因は、外壁の内と外に生じる気温差、そして既存の壁と重ね張りをした外壁の間の湿気です。

壁の間の空気と既存の外壁に温度差が生じるとき、空気中の水分が、結露という形で壁の中に発生してしまうのです。

ただし、壁の中に「空気の通り道」をつくることで、内部結露は防ぐことができます。

施工する際に、外壁材を張りつけるための「胴縁」という部材を間隔を空けて配置することで、空気の通り道ができあがります。
暖かい空気は上昇する性質があるため、屋根との間につくった隙間から外へ逃がすことができれば、水分を含んだ空気が壁の間にこもらずに済むというわけですね。

重ね張りリフォームを実施する際には、結露の可能性を理解しており、胴縁などの施工もしっかりとしてくれる業者に依頼しましょう。

建物の総重量が増加する

外壁材が増えることにより、建物全体の重量がその分、増加します。

重量のある建物ほど地震で揺れやすい傾向があるため、外壁の重ね張りを行うときには、外壁材の重さも配慮しておきたいポイントです。
前述したように「金属系」や「樹脂系」のサイディングボードが一般的には軽量であるため、これらの外壁材を利用することが多いです。

 

外壁塗装・外壁カバー工法を検討中の際は、ぜひペイントスタジオへご連絡下さい。
現地調査・見積無料!

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱
愛知県豊田市・みよし市・安城市(西三河)の外壁塗装工事なら伝統と信頼のオケゲングループ

外壁屋根塗装専門店 ペイントスタジオ

住所:愛知県豊田市挙母町5-28

  

電話番号:0120-530-773
営業時間:9:00~19:00

#外壁塗装 #屋根塗装 #付帯塗装 #防水工事 #雨漏れ修繕工事 #外構・エクステリア工事

#適正価格の塗装工事 #工事保証最長10年

#オケゲングループ #安心の塗装工事 #相談無料 #診断無料 #塗り替え

#豊田市 #みよし市 #安城市 #岡崎市 #西三河#愛知県

▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱▰▱